アーカイブ: 俳句

すてきなことば

ときめく!春めく!めくるめく春!春の季語「春めく」

アルドラこんにちは!ことばナビゲーターのアルドラです!三寒四温とはいいますが、この時期になると春らしく暖かい日も増えてきますね!そんなときには「春めく」ということばがあるんですよ!   春の季語「春めく」 3月初めごろの、春らしさが感じられるようになってくる頃をさす言葉…
続きはここ!
すてきなことば

同じ月でも季節で違う!?春夏秋冬の月の句を比べてみた

アルドラこんにちは!ことばナビゲーター代理のアルドラです!「月」は秋の季語ですが、「春の月」「夏の月」「冬の月」というように季節を入れればその季節の季語として詠むことができます。 シュレりん月なんていつも同じじゃないの? アルドラむむう、そんなことありませんよ!じゃあ俳句の観点か…
続きはここ!
すてきなことば

ひとつ潤めばみなうるむ。季語「春の星」の俳句

アルドラこんにちは!ことばナビゲーター代理のアルドラです!春の夜空は水蒸気が増えるので冬ほど冴えて見えるわけではありませんが、他の季節とは違った趣がありますよね。今日はそんな春の季語「春の星」の俳句を味わってみましょう。   春の季語:春の星 春に見える星をさすことば。…
続きはここ!
すてきなことば

俳句では2月はもう春!でも春を感じられないときに使ってみたい季語「春浅し」

アルドラこんにちは!ことばナビゲーター代理のアルドラです!2月も終わりかけですが、暦上はとっくの昔に「春」になっていたことをご存知ですか?暦では「立春」から「立夏」までが春。今年2018年では2月4日が立春で、春が始まっていたんです。句会でも2月は春の句を作りますが、月初めの句会…
続きはここ!
ことば

酔いどれて冬の北斗を振り回す。まだまだあります!星に関する冬の季語その2

こんにちは、完全に風邪をひいてしまいました、てんもんたまごです。急に冷え込むような日も増えてきたので皆さんも気をつけてくださいね。 俳句だけでなく創作などに使ってみたくなる、星に関する冬の季語その2です。(その1はコチラ)   北斗七星に関する季語 おおぐま座は「春の星…
続きはここ!
こめつぶ掌編

新樹の夜

私は確か、ただ昼の遊びがしたかったのだと思う。もちろん家の裏の”秘密基地”に忘れ物をしたということもあったが、本心ではまだまだ森と戯れたかったのだろう。新緑の溢れる森というのは良いものだ。春のどこか重たいけだるさを切り裂くさわやかな風が道を開き、やっと活気を持ち始めた木々が我先に…
続きはここ!
ことば

今日を大事に?「愛日(あいじつ)」という言葉について

時間を心から惜しむ、愛するというのは難しい。 最近、目覚めの朝に蝉がないていると「ああ~、今日も暑いのかなあ……」とクーラーのきいた家に引きこもりたくなるてんもんたまごです。 季節は真逆ですが、今日は冬の季語でもある「愛日(あいじつ)」についてです。   ■愛日 私の好…
続きはここ!
お絵かき

【期間限定!1/23まで】俳句ポストカードを配布するよ!

「俳句雑誌みたいに、俳句に写真をつけてみようかなー。」 それが最初の出来心でした。画像処理ソフトはよく弄っていたし、お気に入りの句などの素材もそろっていたので難しそうに思いませんでした。というわけでいざ画像処理ソフトで作ってみるとこんな感じに。     &nb…
続きはここ!
ことば

兼題の一字をどう詠み込むか?「霜」の句3選

私の通っている句会には毎回兼題(テーマ)があります。例えば12月の兼題は「鴨」でした。ただ「鴨」の一字を使えばいいというルールなんです。つまり季語は、「鴨」でも「鴨鍋」でも「鴨蕎麦」でもいいわけです。 そんなときに「私は鴨を「鴨」のまま使う人は認めない」という方はいました。彼女に…
続きはここ!
ことば

めでたい!めでたい!そんな雰囲気?「叔気満つ」の3句

俳句の季語には、「春」「夏」「秋」「冬」のほかに「新年」があります。つまり、正月を表す季語は、季節とは別のカテゴリーに分けられているんです。そんな「新年」の季語の中に「叔気」という言葉があります。 叔気は、本来漢詩などに使われていた言葉で、新春のめでたい雰囲気が天と地に満ちている…
続きはここ!
12