avatar

アルドラ

こんにちは!ことばナビゲーター代理のアルドラです!「月」は秋の季語ですが、「春の月」「夏の月」「冬の月」というように季節を入れればその季節の季語として詠むことができます。

avatar

シュレりん

月なんていつも同じじゃないの?

avatar

アルドラ

むむう、そんなことありませんよ!じゃあ俳句の観点から春夏秋冬の月を比べてみましょう!

 

春の月

春は、「春の星」でも触れたように水蒸気を多く纏って見えます。「朧月(おぼろづき)」はオレンジ色で輪郭もうるんであいまいになっています。

春月の病めるが如く黄なるかな 松本たかし「鷹」
黄色い月を「病んでいるかのよう」だと捉えたこの句はちょっと不気味ですね。「ドンキホテ春の闇より出づべくや  山口青邨」という句もありますが、花も姿を隠す春の夜はすこしおそろしげなところもあります。

裏山に金粉散らし春の月 大串章「百鳥」
こちらも春の月の黄色さに着目していますが「金粉」と豪華な表現を使っていますね。裏山とあるので、特別にお月見したわけでなく、ふと見上げた月が金粉を散らしているかのように輝いていたのでしょう。

春月のまだ濡れている海の上 田中春生(狩)
しっとりとした春の夜が感じられる句です。

初恋のあとの永生き春満月 池田澄子「ゆく船」
幸せな空気の中にほんのりノスタルジーのはいった句ですね。昔句会で「老いの恋はすぐに想いを伝えるんだ。明日にはどちらかがいなくなっているかもしれないからね。」と聞いたのを思い出しました。

 

夏の月

「夏の月」をよく表す季語として「月涼し」「夏の霜」ということばがあります。昼間の暑さから解放されて短い夜に見上げる月は、「白くて涼しげ」というだけでなく「すぐに終わってしまう」ことを惜しむ対象でもあるんですよ。

河童(かはたろ)の恋する宿や夏の月 蕪村「蕪村句集」
河童が恋する人の泊まる宿をそっと見守って想いを馳せている、そんな幻想的な句です。宿に泊まっている想い人はすぐ旅立ってしまうのでしょうか。いろんな想像が広がりますね。

少年の犬走らすや夏の月 召波「春泥発句集」
こちらも月そのものの描写ではありませんが、疾走感のあるさわやかな句です。

月(秋の月)

「中秋の名月」というように、秋は月の『旬』とされています。月は「雪月花」の一つで昔から詩歌に詠まれたり、物語の背景を彩ったりしてきました。余談ですが個人的には季節を表すことばとしては定番すぎて名句も多いので、詠むときは発想被りがちょっと怖かったりもする言葉ですね。

様々や心の上の秋の月 二柳「肥後のもの」
月に対する想いは本当にひとそれぞれで、それを全部ひっくるめてくれるような優しい句です。

目を閉ぢて月の砂漠に暫し立つ 池内友次郎「池内友次郎句集」
ひとりしずかに、月面のクレーターに想いを馳せるロマンチックな句です。

月光がこわくて母へ逃げこみぬ 八田木枯「於母影帖」
幼少期の記憶でしょうか。闇夜に煌々と輝く月は時として不気味です。

ひたひたと胸の中まで月の湖 岸原清行「海境」
万感の思いがつまる胸の中で、月はしずかに輝いているのかもしれません。

冬の月

冬の冷たく乾燥した空気の中で輝く月は、どこかつんけんしています。似たような冬の月を表す季語には「月冴ゆ」「月氷る」があります。なんとなく言葉からも様子が思い浮かばれるのではないでしょうか。厳しい寒さの中で見上げる月は、単に美しいだけでなく、どこかトゲがあって凄絶です。清少納言の枕草子にも「すさまじきもの、媼の化粧、師走の月夜」とあり、それに対して紫式部が「(すさまじきものだなんて言っちゃう人の)心浅さよ」と書いたことも有名です。

すげなきは酢の看板と冬の月 支考「国の華」
「そっけないものは酢の看板と冬の月だ」と吐き捨てるような句。実際の看板はどんなものかはわかりません(分からなくてよい)が酢のツーンとした感じはたしかに冬の月に通じるものがありますね。

軒並みに大根白し冬の月 蝶夢「草根発句集」
月の光を干し大根が白く照り返しているのでしょうか。

酔へば酔語いよいよ尖る冬の月 楠本憲吉「隠花植物」
「だめだめ、酔い過ぎる前にそろそろお開きにしようか」なんて聞こえてきそうです。「尖る」は酔い過ぎてキツくなった言葉遣いをさすのでしょうが、冬の月ともよくマッチしています。

耳鳴りは宇宙の音か月冴ゆる 林翔「光年」
耳鳴りは宇宙の音?という発想がとても好きな句です。耳鳴りのキーンとした音や、宇宙の寒々とした感じは、春や夏の月ではなく冬の冴えた月こそふさわしかったのでしょう。

avatar

アルドラ

いかがでしたか?春夏秋冬の月の違い、感覚の違いを少しでも感じていただけましたでしょうか?

avatar

シュレりん

わかったような、わからないような。でも、耳鳴りは宇宙の音か月冴ゆるは気に入ったよ!

avatar

アルドラ

みんな私のお気に入りの句なので、気に入ってもらえた句がひとつでもあれば嬉しいです!じゃあシュレりん!今年の月は季節ごとによく観察してみましょう、一緒にね。

この記事を共有する!