実はここ3週間ほど、咳と熱で寝込んでいました。特に咳は喘息用の薬までもらったのですが、まだ引きずっている有様。ほんと、なんなんだろう。風邪ってこんなにしんどいものだっけ……?

それはともかく、そんな寝込んでいた時に「買っておいてよかった!!」と感じたものをピックアップしました!自分用の備忘録でもありますし、誰かのいざというときの備えになればいいな。いざというときなんて来ないのが一番いいんですけどね!

 

 

1.氷のう(amazon

頭を冷やすものには、「冷えピタ」「ジェルタイプの氷枕」など色々選択肢があります。私も全部試したのですが…今回ブッチ抜きで氷のうが大活躍しました。

特に

・本当に冷たい(冷えピタはすぐぬるくなった)

・氷を入れ替えればずっと使い続けられる(ジェル氷枕は冷やす時間が必要。昔は2つ使いまわしてた。)

の2点はものすごく助かりました!

 

最初冷えピタ使っていたのですが、30分くらいでぬるくなるし熱がつらくて落ち着かず、取りつかれたように無駄にうろうろしてるうちに氷のうを見つけて本当に良かった…。

ちなみに、家にあるのは100円均一で買った氷のうです。100円でしたが全く水がこぼれたりはしませんでしたし、サイズも案外ちょうどよかったです。

 

 

2.非常用アルファ米(amazon)

普段は食欲がなくなるとお粥を作るのですが、今回キッチンに立つのもおっくうでふと思い出したのが非常食のアルファ米です。

普通のわかめごはんのアルファ米をお湯多め+時間長めでだいぶ柔らかくなって食べやすくなりました。前準備も皿洗いなどの片付けも必要ありませんし、淡白な味が食事を受け付けないからだにはありがたかったです。

少し味が付いたものでも食べられそうになった時には、アルファ米に味噌を足して、よく混ぜて食べました。お味噌ってなぜか元気でますよね。

 

 

3.DVD、CD、楽なゲームなど

これも多少元気になってきたときですが、なんとなく淋しくて眠れないときや手持無沙汰な時、「手のかからない楽な娯楽」が役に立ちました。

オペラ座の怪人のDVDボーカロイドのCDなどを布団で聞いてるだけで気が晴れましたし、殿堂入り後ほぼ放置していたポケモンムーンでひたすらポケモンをなでなでしていました。(最近のポケモンはタッチペンでポケモンをなでなでしたり、野生のポケモンの写真を撮るモードがあるんですよ)

レベル上げなどをする元気はその時はまだなかったですが、熱が下がったころにバーチャルコンソールのポケモン金銀のつづきやったりもしてました。

昔のゲームの自由度が少ないながらもちまちま作業する感じ、すごく好きです。落ち着く。

 

 

4.はんてん(amazon

昔風邪をひいたときに買ったはんてんです。「着る毛布」が昨今はやっていますが、はんてんはまさに「着る布団」。真冬でもかなり暖かいです。(むしろ普段だと暑い?)

寒い時だけでなく寒気があるときにも心強い味方でした。

そういえばこのはんてんを呉服屋さんで買ったとき「はんてんは外でも着て歩けるからね」と言われましたが、洋服でもいいのかな…ちょっと外に着ていく勇気はなかったです。

 

 

番外編 こころ優しい人

寝込んでいた時、なんと”欲しいものリスト”から画材を送ってくださった方がいらっしゃいました。しかもほんとに欲しかったペンとクレヨンで、「カート」と「あとで買う」を何度も往復していたものです。

プレゼントのチョイスが私と以心伝心過ぎて感激しましたし、「ちょっとがんばって起きて絵でも描こう」という気にさせてくれました。

身体が弱っていたのもあって優しさが身に沁みました。誰なのかわからないけれど本当にありがとうございました。

 

真冬ならともかく、季節の変わり目にあっさり体調を崩してしまいました。悔しいなあ。去年も11月7日に発熱して1月まで咳が続いたので実はちょっと長引かないか心配だったりします。だいぶ元気になったのでなんとかなるだろうとは思っているけれど。

まだまだ寒さはこれからですが、これを読んでくださっている皆さんも暖かく過ごして、風邪やインフルエンザに気を付けてくださいね。

この記事を共有する!