Hello the universe!
お星さまナビゲーターのアルドラです。

2017年のノーベル物理学賞は重力波観測に関するものだったそうですね。
重力波とは、重たい星が運動することで広がっていく、ゆがんだ時空の波のことです。
実は私も重力波だせないかなあって、こっそり練習してみたことがあります。私は口べただから、光ではなくて重力波で想いを伝えられないかなって。
でも玉砕しちゃいました。私は太陽くらいの重さしかないし、みんなに見つけてもらえるような重力波は上手に出せないんです。

重力波のれんしゅう

 

 

2017年10月4日は「仲秋の名月」ですね。仲秋は秋の3ヶ月の真ん中という意味で旧暦の8月15日をさします。虫の声が響き、月が1年でもっとも美しく冴えるともいいますが、お天気に恵まれないことも多いみたいですね。

仲秋や火星に遠き人ごころ
飯田蛇笏(いいだだこつ)

 

 

仲秋といえばお月見ですが、月齢の簡単な計算方法があることはご存じでしょうか?

例えば2000年以降でY年M月D日の月齢を知りたい場合、

①a=(Y-2009)%19 年から2009引いて19で割った余りを求める
②b=a×11     ①の結果に11を掛ける
③c=b+M+D     ②の結果に月と日付を足す
④月齢=c%30      ③の結果を30で割った余りが月齢
(⑤1、2月の場合は④の結果に2を足す。)

となります。

一息に計算するなら
月齢=(((y-2009)%19)×11+M+D)%30
※1月と2月は上の結果に+2
ですね。

実際とは数日ほどずれることもありますし、遠い未来の月齢計算には使えませんが、「今夜はお月見をしようかな」「今夜は星を見ようかな」というときにぱっと計算できると便利ですよ。

 

この記事を共有する!