「一日一宇宙」用に星間ガスから星が生まれるまでの過程をイラスト化していたのですが、「これすごろくにしたら面白そうだな」ということで早速作ってみました!

続編作るためのメモとして、使ったもの等を残しておこうと思います。

 

★使用したもの

・PowerPoint

・Clip Studio(ペンタブひさしぶりだった;)

フリーフォントで簡単ロゴ作成

絵以外の部分をPowerPointで作ってから、クリスタで開いてイラストを付けました。サイズ設定はA4にするため、PowerPointでサイズ21.0cm×29.7cmを手打ちしてからのスタート。エクセル方眼紙?なにそれおいしいの?

 

★使用フォント

・じゆうちょうフォント

・チェックポイントフォント

・チェックアンド横断フォント

・こども丸ゴシック細め

よく飛ばない鳥さんのフォント、どれもこれも好き。

 

★参考文献

・新天文学辞典 谷口義明監修

・現代の天文学シリーズ6 星間物質と星形成

・基礎からわかる天文学 半田利弘著

あとすごろく画像をググってひたすらデザイン検討してました。

星がメインということで丸い枠をチョイス。カラーだったら途中の黒丸が惑星柄とかでもよかったかもしれない。思い付きの試作だし、カラー版を作る気力と時間はちょっとなかったけどね…。

 

★工夫・感じたこと

・サイコロをふる、コマを進める以外のアクション(ハイタッチ、あくしゅ)

・背景はもっとごちゃごちゃ楽しげにした方が子ども向けかも?

・背景は宇宙がベストかもしれないけど印刷するときのインクがもったいないかな?ということで白メイン。

・成熟編、寿命編、概要編を作るときは、サイコロをふって数によって分岐するといいかも。(5,6が出たら超新星爆発ルートみたいな)

・せっかく頑張って作ったから見てほしいし、遊んでほしいけど、どうしたらいいかなあ…。

(・レイアウト自分で決めたり、フォント決めたり、一つ一つの文章が短かったりしてるうちに企業広報ライターやってた時代もちゃんと役に立ったなって思ったり思わなかったり)

2017/9/26までセブンネットプリントで印刷できます。【予約番号:13886094】コピー代のみかかりますがトイレにでも貼ってもらえたら嬉しいです!

 

 


 

 

 

※20171025追記

科学実験教室においてもらったり、「イベントに使いたい!」などの嬉しい声、「黒丸だと止まるマスだと分かりにくい」「ここ違うよ」「ここは『すすむ』方が正しい」などの指摘もあり、かなり急ぎではありますが、軽く修正版を作りました。

 

☆修正点

・一部文章の修正

・指示なしコマの黒丸→星印への変更

★保留中

・サイコロとコマがないよ!問題(実はちょっと申し訳ない。)

・「すすむ」が多すぎる?問題(があると私は思う)

・「ここは『すすむ』のほうがいい」問題(さらに『すすむ』が増えちゃう!!)

ボードゲームのゲームバランスをあまりしっかり考えたことがなくて、この辺は文章変更含めて修正に時間がかかりそうなので今回は保留…。

 

また、私は自分の作るものに関しては「届くべき人に届いてほしい」と思っているので、イベントなどでの利用はむしろありがたいです。なので自由に使っていただいて構いませんが、用途や遊んだ方の反応などがわかると今後の参考になると思います。気軽にTwitterや(このサイトでは公開していませんが)Facebookで声を掛けていただけると嬉しいです。(たまごさんこわくないよ~)

折を見てまた更新するかもしれません。よろしくおねがいします。

 

 

 

この記事を共有する!