「なみだってなんでしょっぱいんだろうね。おいしくないし、なんだか悲しくなっちゃうあじ。もっとおいしい味だったらもう少し元気もでるだろうに。」

馬鹿だな、涙がおいしかったらきっともっと胸が苦しくなるぞ。
皮肉なほどに星降る夜に、ベランダの隅で泣きながらそう笑う彼女を見て、俺は少しため息をついた。やれやれ、これで何度目の失恋だ。俺はベッドから降りて彼女の元へ行くと足元にすり寄った。

「わ、クロ、くすぐったいよ。」
お前が泣いているからだろう。

「おなかすいたの?」
どうしてそうなるんだ。

「励ましてくれるの?」
うぬぼれるな、お前が泣いてると落ち着いて食事ができないだけだ。

「猫って何も考えてなさそうでいいわね。」
いつも心配ばっかりかけさせる奴が何を言ってるんだ。

「クロは優しい、ね。」
そういって俺を抱き上げて、散らかった机の上を見た。

「そうだ、あげるはずだった手編みのマフラー…クロにあげる。」
残り物はごめんだね。
「クロが彼氏だったらよかったのにね。」
無茶言うな。そして落ち着き始めてたのにまた泣き始めるな。全く…。

 

そしてまた彼女は空を見た。皮肉なほどの満天の星に、初めは恨めしげだった彼女の瞳も、今は少しだけ優しい。腕の中の俺はできるだけ眠っているふりをした。こうすると、彼女は安心して、つられて眠くなることまで俺は熟知しているのだ。ほら、だんだん目がとろんとしてきた。もう寝なよ。残り物のマフラーも、しっかり俺の寝どこで活用してやる。明日も明後日も、しょうがない、エサとぬくもりのためだがそばにいてやる。だから寝なよ。

「ふふっ、クロったら変な寝顔。」
うるさい。はやく寝ろ馬鹿。

「…ありがと。」

 

(*・ω・)<猫のツンデレっていいよね(真顔)

 

※noteにも掲載中。

この記事を共有する!