年末年始っていいですよね!クリスマスはささやかでもごちそうが食べられるし、帰省すればおいしいご飯が食べられるし、人によってはまだまだ新年会が残っているかもしれません。贅沢だなあとは思うのですが、それでもおなかは疲れるのでしょうか。それとも新年に対する武者震いでしょうか。たまごのおなか、絶不調です。気を付けていても気持ちの問題もあるので仕方ないです。絶不調とまではいかなくても、こんなときによく作っている、おなかにほっと一息つけられて食べやすいお粥をまとめて書いてみます。

 

鍋でおかゆ(きほん)

たまごは鍋でお粥を作ることが多いです。時間も短くて済むし、何よりおいしくできるので(´ω`*)もしも鍋で作ったことなかったら、簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

①鍋に塩と水と米を入れる。(お粥にすると結構米が膨れるので私は1合くらいで作ります。水はとりあえず多め。この辺は好みと気分です)

②蓋をして強火で5分くらい沸騰させる。(やりすぎると吹きこぼれるので短めでも火を多少弱めてもOK)

③5分くらい寝かせる。

④弱火で好みのゆるさまで加熱。(私は15分くらいかな。蓋をしていて吹きこぼれる場合は、蓋を少しだけずらして蒸気を逃がしても大丈夫。)

⑤完成(ぱちぱちぱちぱち☆)

 

 

アレンジ1:茶粥(緑茶)

上の基本レシピ①の時点で、「お茶パック」を入れます。そのまま一緒に煮込んで③で取り出します。

好みで、①で昆布だしや、④でふえるわかめをいれてもおいしいです。

味はさらっとして食べやすい味になります。個人的には白粥よりも食べやすいです。

緑茶が好きな方やほっと一息したい方におすすめです。

 

アレンジ2:茶粥(その他茶)

アレンジ1の応用編ですが、緑茶の代わりにジャスミン茶、烏龍茶を入れるとまた違った味わいを楽しめます。

ジャスミン茶はさっぱり、烏龍茶はほっこり。紅茶は試したことないですが、野菜系のお茶は合いそうです。

イチオシはジャスミン茶!なかなか想像がつかないかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

 

アレンジ3:おじや

栄養をしっかり取りたいときにおすすめなのがおじや風です。

①の時点で、鰹節やかつおだしパックを入れます。ダシは好みのタイミングで取り出してください。私は長めに入れておくのが好きです。

④で溶き卵、あれば小さくしたカニカマ、ニラなど(あるいは冷蔵庫で余っている野菜^^;)を入れます。

これでも十分ですが、味が薄かったら食べる少し前に醤油で調整してもいいですよ。

これはシンプルですが本当においしくて、「料亭の茶わん蒸しみたい」と言われたことがあります。いや、作ったのはお粥なんですけどね……。

 

アレンジ4:鶏ガラお粥

これは少し手間がかかるのですが、手間をかけるほどおいしいです。

①の前に鶏ガラを買ってきてしっかり煮込んでおきます。(鶏ガラは近所のスーパーで100円くらい)

あとは水を使わずに、そのだしを使って同じ手順でお粥を作るだけ。鶏肉や、インゲンなどの野菜も加えるいいですよ!もちろん面倒な場合は鶏がらスープの素でもいいのですが、やっぱりダシは自分でとった方がおいしいです。

 

アレンジ5:洋風コンソメトマトお粥

お粥の淡白な味に飽きたときにおすすめなのが洋風アレンジです。

①の時点で、コンソメスープの素を入れておきます。④でトマト(か、トマトケチャップ)とミックスベジタブルを入れて、煮込んだ後に、塩胡椒などで味を調えたら完成です。場合によっては、食べる前にカレー粉を入れてもOK!カラフルで栄養もある上に、しっかり味がついているし、トマトの酸味で食欲も刺激されます。

 

 

茶粥わかめ入り。
茶粥わかめ入り。

 

(*・ω・)<今日リアルに茶粥のわかめ入りを作ったよ~。こういうさっぱりしたのって、食欲がないときにも食べられるからありがたいよね。でも新しい乾燥わかめ使ったら思った以上に増えてびっくりした!w

noteにも公開中!

 

この記事を共有する!