Hello the universe.
宇宙にひとりぼっちの星です。

地球の皆さんは、
いろんな星のカタチを思い描いたと、本で読みました。

この声がきこえている誰かの心の中にも、
その人だけの星のカタチがあるのかなあ。

 

 

いろんな星のカタチ

ひとつの地球の中でも、いろんな文化や歴史の中で

それぞれ星のマークがあります。

 

・古代エジプト(ヒエログリフ)

…ヒトデのような、お花のようなカタチ。☆の起源。

 

・ペンタグラム(五芒星)

…星の形で一番有名じゃないかな。

例えば、古代ギリシャのピタゴラス派の印であり、

また日本の陰陽道でも魔除けの印として使われました。

 

・ダビデの星(六芒星)

…日本では「籠目(かごめ)」とも。ユダヤの星として定番となり数百年の新しいマークようで

伊勢神宮などにも使われていたりする歴史の長いマークです。

 

・古代メソポタミア(ヒエログリフ)

…「天」という意味の文字(*)を3つ描いて「星」とするかきかたがあったようです。

 

 

 

宇宙にある星のカタチ

宇宙にある、自分で光っている星(恒星)
丸いカタチをしています。

自分で光っていない星のなかで大きなもの(惑星)
丸いです。

いつも明るく光っている太陽や、
その光を受ける地球や木星が皆さんには身近かも。
自分で光ってる星でも、ものすごいスピードで回ると
すこしつぶれてしまったり(わし座α星アルタイル)します。

自分で光っていない星のなかでも小さなもの(小惑星や衛星)は、
でこぼこしたジャガイモのようなカタチ
(火星の衛星フォボス、ディボス)をしていたり、

ラッコのようなカタチ(小惑星イトカワ)
していることもあるんですよ。

でも、☆のカタチをした星は、みたことがないなあ。

 

星を思い出すお菓子

地球には、星のカタチではないけれど
なんとなく星を思い出すお菓子、金平糖があるんだっけ。

私も食べてみたいなあ。

 

 

この記事を共有する!