お久しぶりです。このブログどの程度見てもらえているのかよくわからないけれど、お久しぶりな方はお久しぶりです。

最近どうしていたかというと2週間ほど寝込んでます。始めは体調悪いながらにも読みかけの本などを嬉々として読んでいたのですが、ずっと受け身で本を読み続けるのも結構苦痛でうんざりしてきました。(本はどれもこれも面白いんだけどね、私の気分の問題)咳は辛いけど、もはやこの退屈さ、ずっと受け身で頭使えないことの方がよっぽど体に毒だと感じる。

かといってずっと机に向かってプログラミングする体力もないし、ぷよぷよするにも3DSすら重く感じるし、公募も真面目にやると調べ物ばかりになるから、体に負担かけずに適度に頭使いたいなあと思ってとあるアイテムを思い出したんです。

 

Rory’s story cubes(ローリーズストーリーキューブス)!九つのサイコロの目それぞれにアイコンが描いてあって、振って出た目をつないでお話を作るというゲーム?の一つ。amazonにもあるよ。

storycubes

これがもう楽しくて楽しくて、適当にサイコロ振ってはつないでショートショート書いてる。お絵描きが好きな方には、出た目を全て入れたイラストを描く、というような遊び方もあるみたい。イラストもシンプルで、いろんな解釈ができるようになってるし、公式ページによると比喩として使ってもいいようで、無限にお話書けて楽しい。何より可愛い。ベッドの横にあるとちょっとなごむ。

万が一飽きても、動作や冒険、推理、原始時代バージョン等も発売されているので適宜組み合わせて使えばさらにお話のバリエーションが広がります。日本では手に入らないんだけど最近はムーミン版やバットマン版もあるようで…むむむ、欲しい。

個人的にサイコロふって布団に入って目を閉じて出た目で話作って妄想してればいいので体にも負担がなくてありがたいです。(はたから見ると寝てるようにしか見えないけども)

ちなみに、iphoneやandroid用のアプリケーションもあります。こっちは場所を選ばず、しかも日本ではまだ輸入されていないサイコロも遊べる(その場合要課金)ことですが、サイコロの重みと質感がいいので、アプリ版が気に入ったら実物もおすすめしたいところ。分類上は知育玩具らしいけど十分大人も遊べる一品です。

ええっとなんでブログ書いてるんだっけかな。サイコロで話考えるのも楽しいけど普通に文章を書きたくなってブログに来ちゃったじゃなくて、そうそう、ついおすすめまでしちゃったけど、とりあえず寝込んでるなりにサイコロふって元気?にしてます。これ読んでくださってる方も暖かくして体調に気をつけてくださいね。

 

[amazonjs asin=”B00DMQSQXC” locale=”JP” title=”ローリーズ・ストーリー・キューブス (日本仕様)”]

この記事を共有する!